2012年9月アーカイブ

▲キャンプ場の設備も事前に調べておきたい。

ナチュラム 釣りもキャンプも大量値下げ!


 ・サイトに電源はあるか?
 ・キャンプ場から病院までの所要時間はどれくらいか
 ・トイいは水洗か?
 ・風呂かシャワーはあるか?
 ・売店はあるか?
 ・そして管理人は24時間常駐しているか?

子どもが小さい場合は水洗トイいと入浴施設の整ったキンプ場の方が過ごしやすい。

キャンプ場まで悪路がないかどうか、道路状況も把握しておきたい。

小さい子ども連れならばアウトドアスポーツよりもキャンプ場でのんびりと過ごすほうがいいだろう。

キャンプ場内に自然がたっぷり残る危険性の少ない、林間のキャンプ場を選びたい。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


海や流れの速い川のある水辺のキャンプ場は子どもの行動に常に注意を払う必要がある。

子どもが小学校高学年以上になると、MTBやトレッキング、フイッシングなど、ファミリーで楽しめるアイテムが増える。

何を目的にするアウトドアなのかを絞り込んでキャンプ場を選びたい。

また、キャンプ生活では子どもにきちんと役割を持たせて行動するのも大切。

大人にしかできないこと、子どもでもできることを理解させて、家族本来の姿を認識させる絶好の機会にもなる。

【アウトドライフのすすめー火を使う注意】

人間と火のかかわりは、人類の進歩そのものです。
生きるために食べ物を調理してきました。

獣から身を守り、火にあたってからだを暖め火は、やすらぎと安心感を与え、われわれの暮らしを豊かにしてくれました。

人間の営みにおいては、古代からいかに火を使いこなせるかが重要でした。

しかし、現代人は火を自由に使いこなしているようで、実は火を扱うことが苦手になってきています。
アウトドアライフにおいては、もっとも重要な技術がいかに火をコントロールできるかということなのです

アウトドア&スポーツ ナチュラム

楽天から探す→アウトドア 調理器具のショッピング
ネットから(ナチュラム)探す→ダッチオーブンクッキングで使えるお買い得商品が大集合



庭先の花々・四季折々訪れる野鳥などの自然観察も

家族団らんの、森の中のキャンプも

鍛錬された、ロッククライミングも

偶然の出会いの、ホエールウォッチングも

どれも同じアウトドア。

身近な生活の中にある自然のアウトドアライフから、

アウトドア&スポーツ ナチュラム

積極的に自然と関わるアウトドアスポーツまで、

アウトドアのメニューはバリエションに富んで

アウトドアライフをはじめたいと思っても、そのきっかけがないという人は少なくありません。

なにをどうすればいいのか。最初の一歩が踏み出せないという人は結構多いようです。

アウトドアライフとは、何も特別のことをやるのではなく、要するに日常生活を野外でやることなのです。

野外に出かけたからといって普段に生活と変わったことをするわけでもありません。

そのまま日常生活の延長と考えればいいのです。食べて、休んで、そして寝ること。別に毎日の生活何も変わらないのです。

ただ毎日の暮らしと少々異なることは誰もそれを代行してくれないことです。

つまり、自分の手で自分の生活のすべてをまかなわなければならないのがアウトドアでの鉄則なのです。

楽しみ方は十人十色である。

■トレッキング


 トレッキングは森や高原を歩く山麓ハイキング。


野山を歩きながら、雲の動きを眺め、小鳥のさえずりに聞き入る。

高原の爽快な空気が体を包み、可憐な花々が目を楽しませる。


トレッキングはアウトドアスポーツの中で最も手軽でシンプル。


その分ゆっくりと自然に浸ることができる。


日本百名山のピークを目指す。

スノーピーク特集

高山植物の写真を撮りながら高原を歩く。


潮風に吹かれながら浜辺を歩く。


あるいは自然が残る旧街道や廃線跡を歩く。


トレッキングールドは幅広く、フィールドごとにそれぞれの魅がある。


楽しく歩ける場所があれば、そこがトレッキングのフィールドになるのだ。

トレッキングのスタイルもさまざま。


3000m級の稜線を歩く登山に近いトいッキングや、軽装で気ままに低山を彷徨う低山ハイク、旧街道の峠道を越え旧跡を訪ねる歴史散策など。


名爆を目指したり、珍しい植物や動物を探しに歩いたり。共通するのはマィペースで歩き、歩くこと自体を楽しむことだ。

トレッキングには特別な技術は不要。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

楽天から探す→アウトドア・ステックのショッピング

ネットから探す→海釣り公園でファミリーフィッシングを楽しもう!

アウトドアのすすめ

| トラックバック(0)


毎日の生活で生まれたストレスを、アウトドアはさっぱりと洗い流してくれるのだ。

近年各地に多くの、オートキャンプが登場してきました、新しいフェールドとして多くの人がキャンプ場を訪れるようになりました。

これからアウトドアを考える方にとって、オートキャンプは絶好の入口といえるだろう。

アメリカでは、お父さんがその失った権威を取り戻すためにデイ・キャンプが流行しました。

そこには薪割り、カマドづくり、火たきなどお父さんの力を示せる機会がたくさんあり、今日の家庭で失われた仕事や創意工夫が多くみられます。

キャンプ場の出現は多彩なアウトドアアイテムが楽しめるようになった。

しかし、オートキャンプなど手軽にできるようにはなったが、マナーを守らないキャンパーもあり、それなりのテクニックやマナーが必要だ。

河川敷バーベキュー等もアウトドアである。一部の迷惑な人たちによって多大な迷惑を及ぼしてい事実もある

お父さん、子供たちを自然の中やアウトドアにただ連れていくだけでなく、その生活を通じてからだ全体で自然を理解する創造的な体験を試みて下さい。

子供たちは、自然とのふれあい、アウトアライフを経験することで、自執のすばらしさに感動し、そこから自妖保護の心も芽生えてきます。

何不自由のない日常の生活から離れ、自分でテントを設営し、薪を集めて火をたき、米をとぐといういろいろな体験から自らの力で遊び、学び、成長するのです。普段の生活では得られない技術が身についたり、現代の便利な生活のありがたさもきっと実感してくれるはずです。

キャンプ場の出現は多彩なアウトドアアイテムが楽しめるようになった。

アメリカでは、お父さんがその失った権威を取り戻すためにデイ・キャンプが流行しました。

そこには薪割り、カマドづくり、火たきなどお父さんの力を示せる機会がたくさんあり、今日の家庭で失われた仕事や創意工夫が多くみられます。

キャンプ場の出現は多彩なアウトドアアイテムが楽しめるようになった。

しかし、オートキャンプなど手軽にできるようにはなったが、マナーを守らないキャンパーもあり、それなりのテクニックやマナーが必要だ。

河川敷バーベキュー等もアウトドアである。一部の迷惑な人たちによって多大な迷惑を及ぼしてい事実もある

お父さん、子供たちを自然の中やアウトドアにただ連れていくだけでなく、その生活を通じてからだ全体で自然を理解する創造的な体験を試みて下さい。

子供たちは、自然とのふれあい、アウトアライフを経験することで、自執のすばらしさに感動し、そこから自妖保護の心も芽生えてきます。

何不自由のない日常の生活から離れ、自分でテントを設営し、薪を集めて火をたき、米をとぐといういろいろな体験から自らの力で遊び、学び、成長するのです。

普段の生活では得られない技術が身についたり、現代の便利な生活のありがたさもきっと実感してくれるはずです。

キャンプ場の出現は多彩なアウトドアアイテムが楽しめるようになった。


楽天から探す→アウトドア情報館のショッピング

ネットから探す→ネットから探す→アウトドア用品アウトドア情報館にようこそ


このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31